虫歯治療CAVITY

痛みが少ない虫歯治療

どうしても「痛い」「怖い」という残念なイメージが定着している為、大人でも怖い…と感じてしまう方がいらっしゃる虫歯の治療。
しかし虫歯は、放置しても自然治癒することはありません。
しっかりと治療を受けていただくためにも、当院では痛みを軽減するさまざまな工夫をしています。
STEP1
麻酔注射後は痛みを感じませんが、その麻酔注射を打つときに痛ければ、
何か本末転倒な気がしますよね。麻酔をうつ時も痛みが少ないことが理想だと思います。
そこで、注射を打つ部分に麻酔液を塗ることで、注射時の痛みを最小限に減らすことができます。
STEP2
痛みを感じにくい部位がお口の中には存在します。そこを狙って麻酔を打ちます。
注射針そのものが太いと、刺さった時の痛みが増幅するので、
当院では、歯科用の極細針「33G」を採用しています。
また、ガートリッジウォーマーで麻酔液を37℃に温めることにより麻酔時の温度差による痛みを抑えます。
STEP3
急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますのでゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していきます。

虫歯の進行状況と治療方法

虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。ごく初期の段階(CO= 経過観察)を過ぎてしまうと悪化の一途をたどります。
歯は一度悪くなってしまうと、もとの状態には戻らないという認識が大切です。
歯科医院では、虫歯の進行状況を、それぞれ CO→C1→C2→C3→C4という記号であらわします。
初期の段階であるCO(経過観察)の段階であれば、しっかりした処置をすることで歯を削らずに自然治癒(再石灰化)させることができます。しかし、それ以降の C1~C4 の段階になってしまいますと、 歯科医院にて、しっかりした治療が必要となります。
C1:エナメル質が溶け表面に穴があいている状態

C1:エナメル質が溶け表面に穴があいている状態

虫歯の初期段階であるC1になると、治療が必要になりますが、虫歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。
C2:穴が象牙質にまで拡大している状態

C2:穴が象牙質にまで拡大している状態

冷たいものを飲むことで歯に違和感を覚えるのは、C2の段階です。この段階までであれば、歯を削る量は可能な限り少なくすることができます。また、治療回数も1回~2回程度と短期間で終えることが可能です。
C3:歯がかなり失われている状態

C3:歯がかなり失われている状態

C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、虫歯が神経に到達しているため、神経を除去もしくは除菌する治療が必要になります。神経除去後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「かぶせもの」を装着することになります。治療回数は5~6回かかります。

神経除去治療は肉眼では見えない手探りの根気のいる治療になります。そのため、C3以降の治療は長い治療期間が必要となります。 つまり、痛い治療が嫌だからといって、治療を先のばしにしていると大きな痛みと長い治療期間という、まさに患者様にとって一番不幸な状況に陥ってしまいます。
C4:歯の根しか残っていない状態

C4:歯の根しか残っていない状態

残念ながら、ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。しかし、周囲の骨、歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能となることもあります。まずはご相談下さい。
C4まで進んでしまった場合は、通常「痛み」はなくなります。痛みがなくなったので「歯医者にいかなくてもいいや」と考える方が多いかと思いますが、その考えは非常に危険です。

対処法としましてはインプラント・ブリッジ・入れ歯などがございます。